カセットボンベの使用期限は底を見れば一目瞭然?!処分方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭にもよると思いますが、うちの場合、カセットコンロの出番は結構あります。

鍋、水炊き、すき焼き、焼き肉、停電・・・・

どこでも調理できるので重宝しますよね。

定期的に使えば、カセットボンベって古いものが残っていることってあまり無いと思いますが、非常時(停電とか)のためにと準備していると、使わずに数年経過していることもあるかと思います。

カセットボンベには使用期限が表示されていますが、実際のところ使用期限ってどのくらいか、また処分すべきか悩むところ。

自分もいろんな経歴があるので、過去にカセットボンベが爆発したところを見たこともありますので、ざっくり紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

カセットボンベの使用期限はどのくらい?

カセットボンベの使用期限はそれぞれ表示されています。

このように表示されている場合は

2016年の11月12日15時

製造された、ということがわかります。

あ、この時点ですでに2年ものですが、祖父母宅にあったものなので古いです笑

 

このカセットボンベの使用期限については、平成25年10月から、製造年月日の表示が統一されています。

これ以降に製造されたカセットボンベには、先のようにボンベの底に「20170201」のように数字が印字されています。

実際カセットボンベの使用期限はこのように表示されてはいるものの、中に入っているガスについてはそれほど劣化することはありません。

目安としては、軽く振ってみて、さらさら?という感じの音がすれば大丈夫です。

逆に、チャプチャプ音がするような場合は使用を控えたほうが良いです。あまり出くわしたことはありませんが汗

 

使用期限は表示されてはいるものの、メーカー(イワタニ)によると

Q:カセットボンベの使用期限はどれぐらいですか。

A:保管状況によって状態が異なるため一概には申し上げられませんが、錆の無いことを確認して、製造日(缶底に西暦年月日で印字)から約7年以内を目安に使い切ってください。

と、公式ページで回答されています。

→イワタニ。カセットボンベのよくある質問

スポンサーリンク


カセットボンベの使用期限は底を見れば一目瞭然?!

と、いうことで、カセットボンベの使用期限は表示されてはいるものの、状態によっては使用期限よりも長くても使える場合、逆に短いのに使えない場合もあるということになります。

カセットボンベの容器は鉄(スチール)でできているので、湿気が多い場所に保管すれば錆びてきます。

湿気は低い所に溜まるので、床にそのままカセットボンベを置けば必然的に底の方から錆びてきます。

なので、使用期限の他に、使えるかどうかを判断する場合、底を見ると状態がわかります。

この手の容器は、溶接部分が弱いんですね。

カセットボンベで言うと、底の部分は織り込んであるので、その部分が腐食しやすいです。

これは、カセットボンベに限った話ではなく、誰もが目にしたことがある、消火器とかも同じ。

なので、消火器は腐食防止の観点から、壁掛けとか、箱に入っているとか、台に乗っていることが多いんですね。

話はそれましたが、カセットボンベの使用期限を目で確認するなら、大体は底部分を見るとわかります。

他、メーカーで紹介している使用できないボンベの一例です。

スポンサーリンク


使用期限が過ぎたり底が錆びているものを処分するには?

実際にカセットボンベの使用期限が過ぎて、容器も錆びついている場合。

または、そこまで錆びついてはいないけど、使うのが怖いな・・という場合は処分する必要があります。

ここで気になるのは、その処分方法。

基本的なカセットボンベの処分方法は、

空にして捨てる

ことが在前提です。少しでもガスが残っていると、回収業者が回収した際に、ガスが漏れて、ちょっとした火花でも引火し、火災になるためですね。

また、「穴を開けて処分する」という地域と、「使い切って穴を開けずに」という地域があると思いますのでそれぞれの地域の処分方法に従いましょう。

地域によって処分方法は違うと思いますが、消防署では穴を開けずに使い切って処分する、としているところが多いと思いますが不安であれば、問い合わせてみましょう。

少量ならまだしも、大量にガスが残っている場合、穴を開けてしまうと、急激にガスが噴出し、なくなるまで止まらず危険だからです。

 

実際にカセットボンベを空にする場合は、容器の先の部分を押し付けることで、中のガスが噴出しますので、出切るまで押し付けることになります。

使用期限が過ぎたカセットボンベ、使用できないカセットボンベを処分する際は、このように中のガスが出切るまで押し付けて処分します。

もちろん、

風通しのよい、屋外で

行ってください。

空になったかどうかは、押し付けて「シュー」と音がしなくなり、かつ、振ってみて音がしなくなればOKです。

スポンサーリンク


使用期限前のカセットボンベでも爆発してしまう話

余談になりますが、使用期限前のカセットボンベでも危険な場合もあります。

これは、カセットボンベに限った話ではありませんが、ガスを使用する器具にも色々あります。

  • 殺虫剤
  • 簡易消火器
  • ライター補充用のガスボンベ

いずれも、サビや処分方法などの考え方は同じです。

底部分が錆びているものは使用を控えましょう。

実際にあった話では、底が錆びていたことで、勝手に容器が破裂(気温が高かった?)したケースもありますし、カセットコンロの間違った使用で爆発した例もあります。

いずれ、便利な反面、カセットボンベの中には圧力をかけ封入されたガスが入っているので、その取扱には十分注意したいところです。

 

カセットボンベの使用期限を最大限にする保管方法

せっかく購入して準備したカセットボンベも、保管方法次第では、使用期限を待たずに底が錆びて処分せざるを得なくなることもあります。

メーカーで推奨する保管方法は

  • 火気や直射日光を避ける
  • 40℃以下の湿気の少ない場所で保管
  • キャップをする
  • 棚などの落下しやすい場所、子供の手の届くところには保管しない
  • 使用後は器具からはずす

とのこと。

いざという時にも、すぐに使用できる用に保管方法にも配慮したいですね。

 

まとめ

カセットボンベの使用期限や目視での確認方法、また処分方法などについて紹介しました。

便利な反面、その保管方法次第では、使用期限を短くしてしまうこともあります。

停電の時にも重宝するカセットコンロ。

カセットボンベを適切に保管して、いざというときの備えにもしておきたいところです。

こんな記事もあります

オール電化で停電したら暖房はどうする?

防災ラジオにライトや充電機能は必要?買ったらやっておくこと。

停電のときにみたスマホの充電方法と充電器を考えてみる。

停電でロウソクの代わりになるもの。廃油で作るランプとか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*