IHのカバーのおすすめは?3つの素材の特徴も紹介するよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IHコンロと毎日を共にする兼業主夫です。

IHコンロをそのまま使用していると気になるのが、焦げ付きや汚れ。

メーカーとしては、カバー(マット)の使用は禁止されているものの、素材によっては危険性が低い、という理由からいろんなカバーが販売していますよね。

この記事では、おすすめなIHコンロのカバーについて、それぞれの特徴と共に紹介します。

スポンサードリンク

IHのカバーのおすすめは?種類も色々あります。

さて、こんな風に汚れる前にカバーをつけておきたいという方も多いはず。

IHコンロのカバーと言っても、素材の違いがあったり、デザインの違い、値段とか色々種類があるんですよね。

実際何をどう選んでいいのかわからないという。。。

以下、IHのカバーの種類について、素材ごとの違いや選ぶ時のポイントなどについて紹介しますねー。

ちなみに、そもそもIHコンロにカバー(マット)は必要なのかどうか、については以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

IHにカバーは必要?キッチンにある「アレ」で代用もできるゾ。

 

IHのカバーの種類のあれこれ

では、代表的なIHのカバーの素材について、その特徴などについてです。

 

シリコン製

 

一番安く購入できるタイプ。デザインは豊富だけど、単調なものが多いイメージです。耐久性は低い。しばらく使用していると、熱で歪んで来たりします。100均なんかでも見かけます。

柔軟性があるので、IHコンロのカバーとしての使用用途以外に、硬い瓶の蓋をあけるのに使用したり、落し蓋に使用したりもできることをアピールしている商品もあります。

 

シリコン+ガラス繊維

1000円前後から購入できるもの。表面にプリントされているものも多く、デザインの豊富さではこのタイプが一番ですね。

 

結晶化ガラス

単調なデザインなら1000円台から、数千円のものまで幅広いです。一番の特徴は、厚さもあるので耐久性ではピカイチ。

ただ、厚さがあるので熱効率が悪いという口コミもあります。

 

以上を踏まえて、デザイン、価格、耐久性でランク付けするとこんな感じになると思います。

 

デザイン(豊富→少ない)

シリコン+ガラス繊維>シリコン>結晶化ガラス

 

価格(高い→安い)

結晶化ガラス>シリコン+ガラス繊維>シリコン

 

耐久性(高い→低い)

結晶化ガラス>シリコン+ガラス繊維>シリコン

 

 

IHのカバーのおすすめは?選ぶ目安はここ

で、結局どれがいいんだよ!という話ですが

  • おしゃれなのがいい
  • キッチンを明るくしたい

→シリコン+ガラス繊維

 

  • あまり頻繁に交換したくない
  • 丈夫なもの
  • 安全なもの

→結晶化ガラス

 

  • 安いものがいい

→シリコン

 

といったところを、選ぶ目安にしてみてください。

スポンサーリンク


IHのカバーのおすすめ

ということで、前置きが長くなりましたが、個人的におすすめのIHカバーについて、それぞれの素材ごとにいくつか紹介します。

シリコン

安く、でいくならこれ。

色は、黒、グリーン、ピンクがあります。

 

シリコン+ガラス繊維

個人的に一押しはこれ。

見た目がまんまレコードですw

IHの二口こんろに並べて置けば、DJっぽいし。

盤面が赤いものもあります。

このベルメゾン。デザインがおしゃれな物が多くて見ていて飽きません。こんなのもあります。

キャプテン・アメリカ!!!

他にも、ミッキーとかプリンセスなんかもあります。

使うのがもったいなくなりそうですね汗

 

結晶化ガラス

それほど種類は豊富ではありませんが、こちらがおすすめです。

この結晶化ガラスのものは、耐久で言えばピカイチなんですが、デメリットとして、

滑りやすい

という点。

こちらのものは滑り止めがついているので安心というわけです。

 

まとめ

以上、IHコンロのカバーについて、その素材ごとの特徴などを踏まえて、それぞれ個人的におすすめする商品を紹介しました。

種類がたくさんあって選ぶ楽しみがあるのはいいんですけど、有りすぎても結局どれががいいのかわからなくなりますよね汗

参考に慣れば幸いです。

ではでは。

 

こんな記事もあります

ihの焦げの落とし方。アルミホイルが一押しの3つ理由。

IHにカバーは必要?キッチンにある「アレ」で代用もできるゾ。

ihの魚焼きグリルがくっつく時の対処法は1つでいい件。

ペヤングの激辛max endを食べてみた。。販売店と感想。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*