停電したらブレーカーを切るのはこんな時。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年9月8日の北海道の胆振地方での地震で停電しました。

同じ北海道でも道南在住で、揺れはそれほど大きくなかったため、大きな被害はありません。ですが、今も捜索や復旧活動は継続中なので、一日も早く復旧することを願うばかりです。

自分の地域の停電は、24時間程度で復旧されたんですが、そもそも停電した時にはブレーカーを切る必要があるのかどうか、という話です。

スポンサードリンク

停電したらブレーカーは切るのが正解?

以前も東日本大震災で、1週間程度停電生活をしたので、改めて電気に頼り切りの生活をしてるんだなぁと実感。。

今回の地震と共に停電になりました。

で、防災無線で

 

火災危険があるからブレーカーは落として

 

という趣旨の広報がされていました。

ブレーカーを落とすのはいいけど、停電から復旧したかどうかわからないじゃん!という声も聞こえて来そうですが、結論からいうと、

 

停電したらブレーカーを切るか切らないかについては、状況次第

 

と言えます。

パッと思いつくところで、停電の原因になりそうなことと言えば

  • 地震
  • 台風
  • 意図的な停電(電力不足による計画停電とか)
  • 事故トラブル(電柱が倒れたとか)
  • 宅内の電気の使いすぎ
  • 漏電

などが思い当たります。

これらの原因で停電したら、全てブレーカーは切る必要があるの?となると、必ずしもそうではないんですね。

 

ブレーカーを切るのはこんな時。

さて停電の原因になりそうなことをいくつか紹介しました。

共通して言えることは

家屋や家電などには全く被害がない場合必ずしも、ブレーカーを切る必要はない

という点。

 

 

 

なぜ、ブレーカーを切る必要があるかと言えば、

 

  • 家電製品が壊れている
  • 宅内の配線が損傷している
  • 配線やコードなどに倒れたものがぶつかり配線が損傷している

ことが考えられる場合に、電気の復旧と共にショートして最悪火災になることがあるからなんですね。

 

実際に、東日本大震災で1週間程度停電した後に、電気が復旧したと同時に通電したのが原因で火災に至ったケースもあります。

 

なので、地震だから切る、とか、台風だから切らなくていい、ではないということになります。

 

また、特に被害がない場合でも、停電が長期化した場合にはブレーカーを落とすことをおすすめします。

 

 

ブレーカーを切る場合に注意したいこと。

以上を踏まえて、ブレーカーを切る必要がありそうだ!という場合に注意したいことをいくつか挙げてみます。

 

そもそもみんな停電しているのかどうか

家でのケースですが、大雨が降って停電しました。

「停電だ!」

と言って、とりあえず電灯やらスマホの明かりなどで過ごすこと10分。

息子が

「向かいの家は電気ついてるよ?」

・・・よくよく考えたら、電気の使いすぎでブレーカーが切れただけでした笑

こんなこともあるので、大規模な災害で明らかに停電している場合を除いて、とりあえず

自宅以外の状況を確認することも必要だと思います汗

 

家電のコンセントも抜いておく

あらかじめ、家電類のコンセントを抜いて置くことをおすすめします。

特に、熱を発生する家電類。

仮にスイッチが入ったままの場合、ブレーカーを入れたと同時に発熱するので危ないですよね。

スイッチが切られているのを確認するなら、コンセントを抜いてしまった方が安全です。

また、コンセントが抜いてあればブレーカーを入れたあとに一つ一つ差すので、家電に不具合があった場合の特定も楽になりますよね。過電流の防止にもなりますし。

 

雷の場合はコンセントを抜いても万全ではないという事実。。

落雷とかで、停電することもありますが、そんな時に

コンセントを抜いて!

ということがよく言われます。もちろん、有効な手段です。

とはいえ、実際に雷が落ちると、コンセントを抜いていても万全ではなかったりします。。

 

以前実際に雷が目の前に落ちたことがあるんですが、コンセントを抜いていたはずのエアコンが壊れました。

電気屋さんに修理を頼んだんですが、基盤が焼け焦げていたらしいです汗

あとからよくよく調べてみたら、エアコンの室外機付近に焦げのあと。どうやら、室外機を通じてエアコン本体に雷の電気が流れショートした、ということだったようです。

 

要は、コンセント以外でも、テレビのアンテナ線や電話線など、通電するものを伝ってしまうので、コンセントを抜いても万全ではないという話です。

こればかりは対策は難しい感じがしますね。確率的には低いんでしょうけど。

スポンサーリンク


停電から復旧した場合はどうする?

ところで、ブレーカーを切るのはいいけど、電気が復旧したのがわからないですよね汗

夜ならともかく、昼間なら特に。

ブレーカーを切った状態で、電気が復旧したのを確認する手段としては

 

  • 道路の電光掲示板や信号などを確認する
  • 数時間ごとにブレーカーを入れてみる
  • 隣近所に聞いてみる
  • 防災無線、ラジオなどで情報収集する
  • 夜間の場合、外灯を確認する(太陽光の場合もあるので注意)

 

 

などが考えられます。

今回の北海道での地震に伴う停電では、復旧したのが午前3時頃でしたので、家の中から外の外灯が点いているのが確認できたことでわかりました。

電気が点いた時の感動というか、安心感はなんとも言えない感覚でした。

 

ブレーカーの使い方

簡単にブレーカーの使い方を紹介します。

家のブレーカーボックスです。古いですが、新しいものでも基本的に構造は同じです。

一番左から

  • サービスブレーカー→使用量を制限するもの
  • 漏電しゃ断器→規定以上の電流が流れた時に遮断
  • 安全ブレーカー(右側3つ)→宅内の系統ごとに遮断できる

 

通常、ブレーカーを切る、という場合一番左のブレーカーを指します。

スポンサーリンク


停電の原因が漏電だった場合

冒頭で、停電の原因についていくつか挙げていますが、停電の原因が漏電でブレーカーが切れてしまった場合は注意が必要です。

漏電かどうかについては、写真の漏電しゃ断器が落ちているはずなのでそこで判断します。(とりあえず隣近所の様子を見ても良いですが)

漏電した場合には、その場所を特定する必要があります。

安全ブレーカーを使用することで、ある程度漏電の範囲が特定できます。漏電箇所がわかれば、それ以外のブレーカーについては入れた状態で使用することができます。

漏電箇所の特定方法

  1. すべてのブレーカーが切れている状態から、サービスブレーカー、漏電しゃ断器を入れます。
  2. 続いて、安全ブレーカーをひとつずつ上げていきます。
  3. 途中で漏電しゃ断器がまん中の位置に下りたら、その回路が不良です。

それ以外は使用可能になります。

電気の不良に関しては、お近くの電気屋さんに相談しましょう。

まとめ

以上、

  • 停電したらブレーカーは切る必要があるのか
  • ブレーカーを落とす場合の注意点
  • 復旧したら
  • 漏電の場合

などについて紹介しました。

 

停電と言っても理由は様々です。まずは、ブレーカーの使用方法を確認しつつ、停電の時に備えて起きたいですね。

ではでは~

こんな記事もあります

停電でロウソクの代わりになるもの。廃油で作るランプとか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*