Amazonタイムセール中>>

exeファイルが開けない場合のwindows10での対処法【古いやつ】

もしかして古いファイルだから現行のwindows10だと開けない?

という方向けの話題です。

windowsファイルなら古くても問題ないしょ!って思ってたら違いました。

結論~古いファイルも使えるけど設定が必要

今回の問題は、カメラのファームウエア。

圧縮ファイルなんですが、ダウンロードして実行すると勝手に解凍するプログラムが組み込まれたもの(らしい)

dl2v102w.exe

で、ダウンロードして実行しようとしたところ、

という感じで上手く動作しませんでした。

やり方は

  1. トラブルシューティングを使う
  2. プロパティから設定する

の2種類があります。

exeファイルが開けない場合のwindows10での対処法

はじめに紹介しましたが

  1. トラブルシューティングを使う
  2. プロパティから設定する

の2つの方法があります。

トラブルシューティングを使う

通常どおり、ダウンロードしたファイルをダブルクリックで実行します。

今回のファイルを開くと、変更に許可しますか→「はい」のあとに、インストール画面が表示されました。

「OK」をクリックすると、正しく動作しなかった旨の表示が出るので、

「互換性の設定を使用してインストールする」を選択します。

その後、正しく動作したかの確認画面が表示されます。

今回のファイルは、これだけでファイルが展開できたのでOKでした。

できなかった場合

ちなみに、上記の方法でだめだった場合、さらにトラブルシューティングを利用すると解決できるかもしれません。

トラブルシューティングツールを起動し・・

オプション選択の画面になります。

通常は「推奨設定を使用する」を選べば良いです。

使用したいexeファイルに最適な設定が自動的に選択されるので、テストを実行して動作すればOK。

プロパティから互換性の設定をする

続いて、ダウンロードしたexeファイルのプロパティから設定する方法。

ファイルが作成された時期のOSを選べば良いです。

windowsOSのバージョンごとの年代はこんな感じ。

2001 windowsXP
2006 windowsVista
2009 windows7
2012 windows8
2015 windows10

これよりまでの2000とか、me、98とかになると選択肢に出てこないので対応できないみたいです。

ダウンロードしたファイルを右クリック。

開いたメニューから、「プロパティ」を選択

  1. 上のタプから「互換性」を選択
  2. 「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェック
  3. 該当のwindowsOSバージョンを選ぶ
  4. 画面下の「適用」を選択

exeファイルを開いて確認して終了です。

exeファイルが開けない場合のwindows10での対処法~まとめ

まとめます。

古いファイルやプログラムが使えない場合

  • トラブルシューティングを使う
  • プロパティから互換性の設定をする

今のところ、古いファイルでも互換モードで使用できることがわかって一安心でした。

今後windowsOSがバージョンアップしていくにつれて、古いファイルはどんどん使えなくなっていくのかなと。。

以上参考になれば。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA