\Amazonタイムセールはここをタップ/

gtracingのゲーミング座椅子を徹底レビュー【89blue】

gtracingのゲーミング座椅子使ってみてどう?

通行人

という方向けの話題。

この記事の内容

  • gtracingゲーミング座椅子89‐blueレビュー
  • →組み立て
  • →使用感
  • →身長別のイメージ
  • gtracingゲーミング座椅子89‐blue口コミ
  • gtracingゲーミング座椅子89‐blue購入について

1日4~5時間ほどパソコン前に居ます。

今まではふつーの座椅子。

ちょいと腰が辛いのと、やはり長時間座っているのがきついので、gtracingのゲーミング座椅子(89-blue)とやらを購入しました。

もうね。

笑えるくらいに違います。

見た目はもちろんですが、疲れ方が違います。

普通の座椅子で疲れるな・・と感じている方は買ったほうがいいです!

価格はピンきりですが、比較的安い部類なので、始めて買う方にもおすすめ。

ということで、組み立て方から実際の使用感まで詳しく紹介します。

それと、座った感じがイメージしやすいように、家の家族で身長別の写真もとってみたので参考にしてみてください。

gtracing ゲーミング座椅子(89-blue)のレビュー

まずは、gtracingのゲーミング座椅子を実際に使用してみた感想などをレビューしていきます。

組み立て方法についても一通り紹介しますが、一人で約30分くらいでできました。

一人でも大丈夫ですが、不安な方は背もたれをつけるときに誰かにおさえてて貰えば楽かなーと思います。

実際の使用感を紹介します。

gtracing ゲーミング座椅子の個人的評価

まずは、使ってみてメリット、デメリットを挙げてみます。

ちなみに、元々自分が使ってたのはふつーの座椅子。

2000円くらい。

ゴリ

小さい笑

高さは50センチくらい。

座面は同じくらい。

座面の高さ、背もたれの高さは全く違いますね。

肩甲骨の下あたりまでしかありませんでした笑

これでもなんとかなってたんですけど、さすがに長時間座ってるのが疲れて来たので、gtracingのゲーミング座椅子を買ったわけです。

ゴリ

元の基準がひくすぎるので、もしかしたらメリットが「は?」と感じる方もいらっしゃるかもしれないです。大目に見てください!

【体型】

  • 身長:180cm
  • 座高:95cmくらい
  • 体重:80kg

◯組み立て後のサイズ感

サイズを実測します。

【全体】

※( )内は180度倒したとき

  1. 幅:70
  2. 奥行き:80(140)
  3. 高さ:95

【背もたれ】

  1. 幅:外56、内31
  2. 床面からの高さ:95
  3. 座面からの高さ:83

【肘掛け】

※28番は「②」の間違いです。。

  1. 幅:8
  2. 奥行き:28
  3. 床面からの高さ:最高38、最低31

【座面】

  1. 幅:内40、外56
  2. 奥行き:55
  3. 床面からの高さ:14

デメリット

はじめにgtracingのゲーミング座椅子を使ってみて気になった点をいくつか。

オブラートに包んでも仕方ないのでぶっちゃけていきます。

>>眠くなる

使い始めて3日位、座ると眠くなる症状に襲われました笑

基本楽な姿勢なので眠くなのかもしれないです。

背もたれを倒した状態でも、キーボード打ったりマウス操作とかも楽にできるので、楽すぎて眠くなったのが原因っぽいです。

なので、倒しすぎ注意です。

>>180度まで倒すと座面が浮く

背もたれは180度まで倒せます。

が、重心が頭側に行くので底部が浮きます。

ゴリ

つまりゆりかごみたいになります

一見良さそうですが、接合部とかに明らかに負担がかかるので、やめたほうがいいかもしれないです。

ただ、身長にもよると思うので、そこまで気にすることでもないかなと。

ちなみに、180度まで倒さなくてもそのままちょっと仮眠するだけなら問題ないですし、腰に当たるランバーサポートがいい感じに当たるので腰のストレッチにもなってます。

>>肘掛けの稼働範囲が微妙

他の使用者の口コミで多かったのが肘掛け。

調整できるのは「高さ」「角度」

そのため、背もたれをちょっと倒して作業する場合、肘掛けが結構前方に来てしまうので、あまり機能しません。

なので、背もたれを倒して使う場合、テーブルを胸のとこまで引き寄せて、肘掛け代わりにしてます。

ちょっと腕を休ませるときなんかは、肘掛けを「ハ」の字(前方を広く)にすると使いやすいですね。

ひじ掛けに前後にスライドする機能があればよかったかなと感じました。

>>足首が疲れる

gtracingのゲーミング座椅子だから、というデメリットではなく、座椅子ゆえの気になるポイント。

足を前方に出すと、必然的にかかとをついた状態になるため、足の重さがかかり足首に負担がかかります。

ふくらはぎあたりに、なにか置くと楽です。

>>きしみ音がする

背もたれを固定した状態で、前後に軽く揺すると「ギコギコ」きしみ音がします。

自分は気になりませんが、一応掲載しておきます。

>>蒸れる

gtracingのゲーミング座椅子の生地は、合成皮革(フェイクレザー、皮のニセモノ?)。

  • 冬場~冷たい
  • 夏場~蒸れる

というデメリットがあります。

車でも同じですね。

見た目の高級感をとるか、居心地性をとるかですが、耐久性にも優れている(はず)なので皮はありなんだろうな、と思います。

座面になにか敷いたり、背もたれにかぶせるとかすれば大丈夫です。

と言っても、屋内で使うものなので、そこまで神経質にならなくても良い気がしますけどね。

メリット

続いてgtracingゲーミング座椅子を使って感じたメリット。

今の所、満足しているのでメリットのほうが多くなります。

ゴリ

今まで使っていた座椅子が貧弱だっただけに

>>高級感がある

合成皮革は、蒸れやすいデメリットがありますが、間違いなく高級感はあります。

それと、メッシュなどの布生地だとどうしても「擦れ」に弱く、汚れも取りづらいのが難点。

やはり合成皮革とはいえ、汚れたら吹けば取れますし、高級感があるとなんか贅沢してる気分になれますね笑

>>背もたれが高い

紹介したとおり、以前の座椅子は背もたれが低く、もたれかかるには物足りない感じでした。

自分座高が高いので、背もたれが高いのでありがたいし、リラックスした状態で作業できるのでかなり快適です。

ゴリ

頭を背もたれにもたれた状態で作業できるってさいこう・・・

>>回転がスムーズ

座面が360度スムーズに回ります。

底面を見るとわかりますが、ボールベアリングが使われているのでほぼ無音で回転します。

>>立ち上がるのが楽になった

座椅子なので座面が低いですが、それでも前の座椅子に比べて高さがあるので立ち上がるのが楽になりました。

>>あぐらも可能

座面の両側が少し起き上がってる感じなので、窮屈そうですがそうでもないです。

座面が広いためあぐらをかいた状態で使用もできます。

膝の部分にひじ掛けが当たるので、肘掛けをハの字すると良いです。

>>リクライニングが楽

普通の座椅子だといったん座面側に倒してから、っていう面倒な工程がありますが、レバー操作できるのがありがたいです。

車のシートのように使えるのでほんと楽です。

操作レバーは小さめだけど特に問題なし。

体を少し浮かせる→レバーをいっぱいに上げる→倒すまたは起こす

とやるとスムーズです。

>>ランバーサポートがなかなかいい

表面がフラットだとどうしても、腰に負担がかかります。

ランバーサポートがあることで、適度に腰を起こしてくれるので、長時間座ったままでもそんなに疲れなくなりました。

ゴリ

もちろん、休憩時間にストレッチなどはしたほうが良いです!

硬すぎず、柔らか過ぎない感じがいいです。

猫背対策にもなるかもしれませせん。

という感じで、デメリットも感じましたが、トータルで考えると満足できています。

ゴリ

買ってよかった!

ゲーミング座椅子はピンきりで、gtracingのゲーミング座椅子は比較的安い部類。

「5万以上出すまでもないけどゲーミング座椅子がほしいな・・」という方におすすめかなと思いました。

gtracingのゲーミング座椅子はこんな方におすすめ

メリットデメリットを踏まえて、gtracingのゲーミング座椅子がどんな方におすすめかまとめてみます。

  • 普通の座椅子では腰が痛くなる人
  • 長時間座りっぱなし作業が多い方
  • 座椅子型のゲーミングチェアがほしいけど、あまり高いのは手が出せない
  • とりあえずゲーミング座椅子を使ってみたい

gtracing ゲーミング座椅子(89-blue)の組み立て

gtracingのゲーミング座椅子(89-blue)が届いてから組み立てまで。

なんとなく想像つくかもしれませんが、結構大きめの箱で届きます。

なので、これから購入する方は、まずはスペース確保をしておいたほうが良いと思いました。

ゴリ

届いてから片付け始めたので家の中がごちゃごちゃになりました

念の為、ダンボールの実測値も紹介してます。

gtracingのゲーミング座椅子(89-blue)が届いた

冬のある日、gtracingのゲーミング座椅子が届きました。

こちら雪国なので、道路には雪が降り積もり始めた頃。

宅急便の方も荷物が大きいので、雪国ならではの運び方をしてきました。

ゴリ

そり

本体重量もさることながら、大きさもそれなりなので、スペースの確保をしておきましょう。

一応箱には

二人で運んでね、という旨の表示。

可能であれば、配達員さんのお手伝いをしたほうがいいと思います。

仕様

gtracingゲーミング座椅子の仕様、サイズ。

サイズ:53 x 39 x 84 cm
重さ:16.1kg
耐荷重:120kg

箱のサイズを実測してみました。

83✖70✖33(単位:cm)

でかいです。

ということで、まずは開封して並べてみます。

すべてビニール包装されています。

【入ってたもの】

  • gtracingゲーミング座椅子の各部品
  • 取り扱い説明書
  • 工具(L字の六角レンチ・プラスドライバー)
  • イボつき軍手

普通の椅子と違って、足の部分がないので比較的部品点数は少なめ(かな?)

それと、イボつき軍手が優しみを感じました。

いざ!gtracingゲーミング座椅子を組み立てる

では実際に組み立てていきます。

完成するとこんな感じ。

ゴリ

かっけぇ・・

>>説明書

説明書はA4の両面印刷。

 

ゴリ

写真取らずに処分してしまいました

見た感じ簡単にできそうです。

>>使用する工具

で、付属工具は、L字の六角工具で端が「六角レンチ」「プラスドライバー」になってます。

組み立てたところ、六角レンチはなんとかなりますが、ドライバーははっきり言って使いづらい。。

なので、プラスドライバーは別のを使ったほうが良いと思いました。

100均とかで売ってるやつで十分です。

>>組み立て手順

ということで。

組み立て方です。

ざっくりながれを書くと、

  1. ヒンジ金具
  2. 背もたれ
  3. ヘッドレスト
  4. ランバーサポート

の順に組み立てていきます。

座面と肘掛けは、あらかじめ取り付けられた状態なので、作業手順自体は至ってシンプル。

※ボルト固定するときは、必ず手で軽くねじ込んでスムーズに回ることを確認してからドライバーで締めたほうがいいです。

 

無理に締めると、ネジ山が潰れるかもしれません。

>>ヒンジ金具

背もたれと座面をつなぐ重要部品。

もちろん頑丈です。

左右それぞれボルトで固定していきます。

左側。

右側。

レバーを触りたくなりますが、見ての通りむき出し状態なので我慢です。

それと、付属の六角レンチが、回すとき底部とぶつかります。

穴あきそうになるので、ちょうどいいとこまで回転させて組み立てしたほうが良いです。

こんな感じで。

ちなみにひっくり返して見ると、底部はむき出し。

穴が空くとすぐ床です。

十分気をつけたほうがいいです。

カバーの取り付け。

で、ボルトを入れる前に穴の位置を合わせて、ちょいと押し気味に手で固定した状態でボルトを入れたほうがすんなり入ります。

ゴリ

しばらく、ボルトだけ手締めしててはいらない・・・ってやってました笑

できました。

>>背もたれ

続いて背もたれを取り付け。

まずは、両側のヒンジ部分で挟むような感じで背もたれを置きます。

そのまま入れると、生地に傷つきそうなので、ヒンジをちょい開く感じで。

あとはボルトで穴の位置を合わせて締めるだけ。

同じように、カバーを付けたらOK。

>>ヘッドレスト

背もたれの穴に通して、カチッとするだけ。

長さ調整はできないみたいなので、座る都度いい位置にずらす必要がありそう。

>>ランバーサポート

腰の部分に当たるランバーサポート。

背もたれと、座面の隙間からベルトを通してカチッとします。

ランバーサポートも長さ調整はできませんが、上下に動くので自分にちょうどいい位置で止めておけばOKですね。

gtracing ゲーミング座椅子の概要

ざっくりですが、gtracing ゲーミング座椅子の概要に触れておきます。

型番:89-blue

gtracingの座椅子型ゲーミングチェアはこれだけです。

カラー展開は4種類。

  • ブルー
  • ピンク
  • グレー
  • レッド

カラーによって出荷数が違うためか、価格も微妙に違います。

※2021.2月時点で一番安いのはピンクの14,850円

レッドの人気が高いのか、在庫切れ状態でした。

【販売者情報】

店舗名: GTRACING JAPAN

住所: 〒262-0043  千葉県千葉市花見川区天戸町753-3

店舗運営責任者: 富江留美子

店舗連絡先: jp@gtracingchair.com

メールあるいは電話対応

平日:午前10:00~12:00

午後13:00~17:00

土日祝日を休み

GTRACING(ジーティーレーシング)は、人間工学に基づいたゲーミングチェア及びオフィスチェアなどの用品を中心に製造・販売しております。

2011年の創業以来、アメリカを始め多くの国に進出し、全世界で幅広く好評を頂いております。GTRACINGは、豊かな商品・サービスの提供で社会づくりに貢献できる企業を目指しています。

gtracing ゲーミング座椅子(89-blue)口コミ&評価

gtracingのゲーミング座椅子を購入した皆さんの口コミ、レビューを紹介します。

amazonでの評価は

4.1点(5点満点)

高評価です。

amazonから引用

悪い口コミ

はじめに6%程度ですが低評価をつけている方もいますので、紹介します。

とはいえ、1000件以上の6%なのでごく少数と言えそうです。

あまり細かいところは気にしていないようで、購入時から系のほつれ、金具部分に謎の汚れなどが付着していましたが、まあ15000円なんでこんなもんかな……といった印象です。

直接使用に関する部分ではないものの、やはり大量生産の中には、ハズレがあることも。

170cm65kgですが、座って窮屈な感じがしました。肩甲骨や背中、太ももが圧迫され、体のあちこちがしびれました。そして1か月使用したあたりで腰が痛くなりました。

どの程度座っていたかはわかりませんが、座り方にもよるかなと。

ちなみに自分は比較的大きいサイズの方ですが窮屈感はありません(身長180cm、体重80kg、胸囲110cm、太もも64cm)

サイドのカバーが非常に取り付け辛いです。自前のドライバーで製品を横に倒してと…1時間ほど奮闘しましたが無理でした。それ以外は15分ほどで取付完了できただけに残念です(カバーをつけられず剥き出しのまま使用しています)

レビューで紹介していますが、カバーの穴をあわせてからじゃないと、なかなかボルト固定できません。

お尻の部分がいたい

座面は固め。

ただ、柔らか過ぎると、長時間座ったときは、逆に腰を痛めます。

この辺は好みもあるかもしれませんが、長時間座るなら硬めのほうが断然疲れません。

気になる方は、一枚クッションを入れてみるのも有りかと思います。

良い口コミ

他の方のレビューの多くに「部品が足りない」「ネジ穴ずれてる」「ネジのタップが切れてない」等ありましたが、ウチに届いた商品は幸いにもそんな事はありませんでした。組み立ても説明書見れば特に頭を使う事なく(使うのはむしろ腕力)、強いて言えばリクライニング部分を覆うカバーがちょっと付けづらい事くらいでしょうか。

確かに、部品が足りない、ネジ穴が合わない、という初期不良のような口コミもありますが、家に届いた座椅子も特に不都合等なく組み立てできました。

もちろん、不具合に関しては問い合わせれば対応してくれるので問題ありませんね。

安いな!と思ってたけど、冷静になると普通に高い買い物。とはいえ市販の普通の座椅子ではテレワークがキツイ。有名メーカーに比べると半額以下ではあるので思いきって購入。良いことも悪いところもレビューで確認していたので不満になることがあるかなと覚悟してましたが、総合的には大満足のものになりました。裁縫もしっかりしてて組立もかなり単純なのにガッシリしてる。細かな所も綺麗につくられててまずは安心。座り心地もよくホームセンターで売ってる座椅子とは比較にならない。

そう。

縫い目がほつれてたり、縫い目がびよーんって広がるの目にすることもありますが、細かいところまでしっかり作られていて満足。

座った感じ車のレーシングシートのような包み込む感じではなく、ゆったりとした座り心地、柔くもなく固くもなく程よいです。

車で言う包み込むようなバケットシートを参考に作られていますが、車ほど圧迫感はありません。

腰が悪い私でも長時間使いましたが問題なく腰に負担があまりなく問題なしです。

長時間座ったままでも、腰への負担が軽くなるのが一番のメリット。

正直ちょっと疑いながら買いましたが、結果は満足しています。これまで普通の座椅子でゲームをプレイしていて疲れることが多かったのですが、この椅子に変えてからは何時間プレイしてもつかれることはなくなりました。もう少し早く買っておけばよかったかなと思っています。

ゲーマーが言うなら間違いないですね。

総数が増えれば、口コミ件数も増えますが、総じて「買ってよかった」という方が多いですね。

gtracing ゲーミング座椅子(89-blue)価格

gtracingのゲーミング座椅子の価格や販売店についてです。

gtracingのゲーミング座椅子はどこで売ってる?

結論を言います。

amazonでしか売ってません。

買うならamazonです。

最安値

紹介したとおり、gtracingのゲーミング座椅子にはカラー展開があります。

同じ仕様ですが、人気によって変わるのか、現時点でカラーで価格に差がありました。

  • ブルー 18,800円
  • ピンク 14,850円
  • グレー 19,800円
  • レッド 14,850円

カラーにこだわりが無ければ、価格の安いカラーが良いかもしれません(ピンク・レッド)

※価格は2021年1月時点

gtracing ゲーミング座椅子(89-blue)のレビューまとめ

以上、gtracingのゲーミング座椅子について紹介しました。

ゴリ

個人的な総合評価は「満点」です!

細かい点で気になることはありますが、今までの座椅子から見ればそれこそ雲泥の差。

上を見れば数万とか、数十万のゲーミング座椅子がある中で、比較的安価に手に入るので十分買いだと感じました。

今まで環境にはあまり気を使って来ませんでしたが、作業効率も確実に上がってます。

今、普通の座椅子を使っている方にはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です