小ネタ

なぜ虫歯と言うのか。目からウロコの見解がドラマでやってた。

いろんな言葉の例えで、「虫」という文字がはいっているものって結構あります。

「虫歯」もその一つ。

よくよく考えてみると、子どもたちに教えるときには「虫が歯を食べる・・」とか教えたりするものの、実際虫がいるのかというとそうではないわけで。。

先日放送していたドラマで、なぜ虫歯と言うのか、について面白い見解が出てきたので話のネタとして紹介したいと思います。

続きを読む

ゴボウ茶の効果は一週間で出るのか検証してみた結果!!

便秘って女性に多いイメージですが、身長180センチ、体重80キロ、趣味筋トレの私も実は便秘です^^;

そもそも、物心ついた頃から、毎日するものでは無いとさえ思っていました。

なので、これがふつーなのかなーなんて思っていたのですが、そうではないということに社会人になってから気づきました笑

自分もいよいよ40代に突入。。。

便秘もさることながら、厄年ということもあり、健康に良さそうなものを物色して、とりあえずゴボウ茶を購入して飲んでみました。

ゴボウ茶を1週間飲み続けての効果と感想などについて紹介します。

続きを読む

カメムシ対策はペットボトル!おすすめの理由と捕獲作戦の実際。

いろんな害虫っていますけど、カメムシほどなぜ存在するのかわからない生き物っていないですよね。

なぜに、そんな狭い隙間にまでいるんだ!!とか、なんでそこに入るかな~と毎年カメムシの対策に頭を悩ませる方も多いと思います。

カメムシ対策というと、いろいろ方法がありますが、この記事ではペットボトルを使用した対策方法について、他、いくつかおすすめの対策方法について紹介してます。

続きを読む

カメムシ対策。ハッカ油の作り方と使い方アイデア3選。

カメムシ対策にはハッカ油がオススメなのは知っている方も多いと思います。

カメムシ以外にも、いろんな虫を寄せ付けない効果もあるので、一度虫よけに使えるハッカ油の作り方を覚えておけば何かと重宝します。

カメムシ対策におすすめなハッカ油の作り方と、ハッカ油のいろんな使い方について紹介します。

続きを読む

カメムシ対策にはガムテープがおすすめだよ。

春先と秋あたりになると、カメムシが出没する時期になりますね。。

そもそも家に入ってこないように対策できれば良いんですが、どうしても中に入ってきてしまったカメムシはどうにかしてやっけないといけません。

昨日もうちの息子

「無理!!カメムシとってーーーーーー」

と悲鳴のような声。おい。お前それでも男か・・・

 

カメムシ対策も色々ありますが、ガムテープでの駆除の方法について紹介しようと思います。

続きを読む

焚き火は消防署への届け出が必要なのかどうかというお話。

春先とか、秋とか空気が乾燥する時期になると、あちこちで焚き火の煙を目にします。

以前は、各家庭でゴミの焼却なんかもできたんですが、平成に入って間もなく、基本禁止されるようになりました。

火災といえば消防署とか、そもそも届出がほしいのかどうか気になる方もいるかもしれません。その辺の話をまとめておこうと思います。

続きを読む

スティックのりに四角が登場するらしい。これはおすすめ。

いまや文房具の「のり」といえば、スティックのりが代表的ですが、このスティックのりにありそうでなかった新型が登場するようです。

考えてみれば、明らかに新型のスティックのりのほうが合理的な作りになっているのでおすすめ。

文具メーカーのコクヨから発売されるスティックのりの話と、今や文房具の「のり」といっても、色んなものがあるので個人的主観でおすすめなどを紹介します~。

続きを読む

予防接種の後に30分ほど待つのはなぜなんだろうね。

幼児期って、予防接種が多すぎてわけがわからなくなりますよね^^;

自分も子どもたち二人引き連れて、度々予防接種を受けに病院に行っていました。

ふと思い出したんですが、予防接種の後って

「30分くらい待っててくださいね」

と、看護師さんに毎度言われますが、それってなぜだか知ってました?子供だけに限らず、大人でも同じなんです。

予防接種の後、30分ほど待つのはなぜなのか、ざっくりお話しますねー。

続きを読む

コンビニ弁当を温めないで食べるのは有り?

お弁当温めますか?

必ずと言っていいほど、聞かれるコンビニでのお弁当温め問題笑

でもね。

弁当ってすぐ食べるならまだしも、出勤途中で買って、食べるのは昼頃、ということだってあるんです。

コンビニ弁当を温めないで食べるのは有りなのかどうか、という話です。

続きを読む

ガスボンベの捨て方。穴あけはどうする?未使用の場合は?

カセットコンロとガスボンベがあれば、鍋、焼き肉、屋外での料理、停電時など、どんな場面でも大活躍。

とはいえ、燃料にはガスを使用しているので取扱いには十分注意が必要です。

と同時に、気になるのがガスボンベの捨て方。

以前とは流れが変わり、穴あけについての取扱も変わりつつあります。

ガスボンベの捨て方と、穴あけについて、未使用の場合の対処法などについて紹介します。余談で、過去実際に遭遇した事故事例についても簡単に触れておきます。

続きを読む