アマゾンタイムセール中>>

「賠償義務履行告知」のタイトルで届く迷惑の話

タイトルが目に入ると一瞬ギョッとする内容の迷惑メールです。

迷惑メールのタイトル

賠償義務履行告知

全く同じタイトル、メール本文なら詐欺です。

こんな内容なら詐欺
  • 不安をあおる
  • メール内のリンクからログイン等を求める
ゴリ
ゴリ

URLなどは触れずにそっと閉じましょう

賠償義務履行告知…のタイトルで届く迷惑メールの話

内容をざっくり要約します。

  • 内容は明記していないが退会の手続きがされていない
  • そのため継続して料金が発生する
  • 当日中であれば修正(たぶん退会っていう意味)できる
  • リンクから連絡くれよ

以前も同じようなメールが届いたような・・・

メール本文。

なにかしらサービスを利用していると、タイミングによっては「あれ・・退会されてなかったかも・・」と勘違いしそうになります。

そもそもサービス名を明記せずに不安だけをあおり、とにかくクリックさせよう・・という意図が見え見えです。

ゴリ
ゴリ

無視しましょう

リンクをクリックしてみた。

リンクをクリックしてみました。

動画配信サービス・・・っぽいページが表示されました。

以前も同じページが表示されたことがあります。

ページ下部にいくと、住所氏名等を入力する箇所があり、知らずに入力するといろいろ面倒なことになる、っていう仕組みです。

今回のページは普通に表示されてしまいましたが、googlechrome場合、危険なページと認識されるとページを表示する前にブロックする機能があります。

詐欺と知らずにクリックした場合でも、セキュリティ設定をしておくと被害に会わずに済むので一度確認しておくと良いかなと。

賠償義務履行告知…迷惑メールの見分け方

差出人やメール本文、リンク先のURLなどからある程度判別できます。

差出人

差出人の「詳細」をタップすると、差出人のメールアドレスが表示されます。

公式サイトからのメールの場合、サービス名が入ったアドレスの場合が多いです。

今回のメールは意味不明なアドレスなので詐欺だと気づくことができますね。

ただ、公式の名称が入っていることも多く、差出人アドレスだけで判別することは難しくなってきている印象。

本文

メール本文。

不安を煽っているだけで、なんのサービスなのかが全くわかりません。

公式サービスの場合、詳しく記載されているはず。

URL

それから、ページ内のリンク。

上段のリンクは、機能していませんでした。

ページ下部のリンク。

こちらは機能していて、さきの動画配信サービスっぽいページが表示されますが、単なる文字の羅列になっていました。

このリンクにも公式サービス名などが入っているはずなので詐欺だとわかります。

とはいえ、ここを確認すれば100%間違いない!とは言い切れないので、

ポイント

メールを見て不安に思ったら、メール内のリンクなどは触れずに、公式サイト・公式アプリから確認する

という癖をつけるのが一番の対処法です。

情報を入力してしまったら

もしも、ページ内のURLから個人情報などを入力してしまった場合。

入力項目にはカード情報等は含まれていないため、予想される被害は

<ありそうな迷惑行為の例>

  • 迷惑メールが頻繁に届く
  • 見知らぬ電話番号から着信がくる
  • 郵便でダイレクトメールが届く

などなど、迷惑行為が増えるかなと。

この場合は無視しつづけて大人しくなるのを待つしかなさそうです。

ページのURLはクリックしないことをおすすめします

ちなみに、検証の意味で今回の迷惑メールのリンクをクリックしましたが、その後・・・

きっちり1時間毎にメールが届きました。

ゴリ
ゴリ

通知がうるさい

おおよそ12時間程度メールがとどきまくりました。

くれぐれもリンクには触れないことをおすすめします。

賠償義務履行告知…迷惑メールのまとめ

カードやスマホ関連など、どんな内容の詐欺メールが届くかわからなくなってきています。

完璧な対策はなかなか難しいので

ポイント

メールなどを見て不安に思ったら、リンクなどは触れずに、公式サイト・公式アプリから確認する

という癖をつけて自己防衛をするのが一番の対処法かもしれません。

詐欺メールには十分注意しましょう。。。

実際に届いた迷惑メールを紹介してますので参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA