\50%以下多数!Amazonブラックフライデー~12/1/

googlekeepの手書き(図形描画)の使い方。

googlekeepメモで手書きする機能の使い方です。

アプリ上は「図形描画」で表示されている機能。

出来ることは

手書き機能でできること
  • 手書き入力(自由描画)
  • 画像の拡大、縮小、回転、移動
  • 手書きした画像からテキストを抽出
  • 画像を他のアプリ等に送信

主な機能はこんなところ。

ちなみに、「図形」となってはいますが、四角とか円とかの図形を作成する機能はありません。

手書きの自由入力のみです。

googlekeepの手書き(図形描画)の使い方。~出来ること

スマホ、パソコンでは編集画面がちょっと違いますが、使用するアイコンやメニューはほぼ同じです。

スマホを例に解説します。

手書き入力(自由描画)の始め方

図形描画を始めるには、メモを開いて左下のメニューから「図形描画」を選択(メモの中に図形が追加される)

または、一覧画面でペンのマークを選択(新しくメモが作成される)

どちらでもOKです。

図形描画の初期画面。

手書き入力(自由描画)

あとはそのまま手書きできます。

ペンの種類の変更

ペンの種類や色の変更ができます。

画面下のペンマークを選択すると種類が変わります。

  • マーカー(一番右)
  • 太字(右から二番目)
  • 細字(右から3番め)

それと、選択したペンマークを2回タップすると、色の変更・太さの変更が可能。

消す

手書き作成したものを消す場合、消しゴムマークをタップして消したい部分を指でなぞれば消えます。

マーカー部分のみが消えたところ
ポイント

なぞった部分だけが消えるのではなく、一筆で入力した部分ごとに消えます

画像の拡大、縮小、回転

入力した画像は拡大・縮小・回転・移動ができます。

画面下の一番左のアイコンをタップして、操作したい画像をタップ、またはドラッグしてエリアを選択(選択した範囲にある全ての素材が選択)

操作モード(?)になります。

四角の角、上下左右のポイント部分、上部の●で操作可能。

(左から)移動、拡大(縮小)、回転

手書きした画像からテキストを抽出(手書きを文字に変換)

文字を手書きすれば、画像からテキストを抽出できます。

テキストは図形を作成したメモ内に追加。

図形描画で文字を手書きしたら、画面右上のだんご3兄弟みたいなマークから「画像のテキストを抽出」

ちょっと間が空いてから、

「画像内のテキストを抽出しました」

と表示されます。

そのまま、画面を下にスクロールしていくと、抽出した文字がメモ内に追加されているはず。

「てすと」と手書きしてテキストを抽出したところ
ゴリ
ゴリ

ただし、精度は微妙です

画像を他のアプリ等に送信

同じく右上のマークから「送信」を選択すると、手書きした内容が画像として送信できます。

送信先はスマホによってい違いますが、例えば

  • LINE
  • googleドライブ
  • フォト

など。

メモの中にテキストなどが入っていても、図形描画した画像のみが送信されます。

googlekeepの手書き(図形描画)の使い方。~その他

その他の機能など。

図形描画に便利なグリット線表示。

メモの右上のマークから、「グリッド線を表示」を選択

手書きエリアの背景に薄く

  • 格子
  • 点線
  • 横線

が表示されるので、編集が楽になります。

「削除」の話

メモの右上のマークに「削除」という項目があります。

ここでいう削除は「図形描画のみ削除」の意味です。

なので、メモそのものは削除されません。

googlekeepの記事一覧はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA