Amazonタイムセール中>>

googlekeepの編集履歴と元に戻す・やり直しの使い方

googlekeepでの編集のやり直し、履歴の話。

元に戻せる範囲と更新のタイミングを紹介します。

ポイント
  • googlekeepはメモを閉じると自動更新
  • 一度メモを閉じて更新すると編集履歴は消える
  • 元に戻したり、やり直しができるのは、メモを開いている間だけ

一度メモを閉じてしまうと、元に戻せなくなるので注意が必要。

※編集をせずにメモを表示して閉じただけなら更新はされません(編集日時も元のまま)

googlekeepで元に戻す・やり直しの使い方

画面下に出てくる矢印で操作できます。

  • ↩ 左矢印「元に戻す」1つ前の操作を取り消す
  • ↪ 右矢印「やり直し」1つ先の操作に戻す

やり直しは、「元に戻す」ボタンを操作すると表示されるボタンです。

一度元に戻した操作を、再度戻す操作に使います。

パソコン、スマホでもほぼ同じように矢印が表示。

メモを開いた状態。

現在5月8日ですが、最終更新日は4月25日。

メモを開いた直後は右下に最終更新日が表示

何かしら編集をすると、「元に戻す」ボタンが操作出来るようになります。

同時に編集日時が更新。

enterキーで改行をしたところ。編集日時が更新され「元に戻す」ボタンが表示

「元に戻す」ボタンを操作すると、「やり直し」ボタンが表示。

直前の改行の操作を元に戻したところ。「やり直し」ボタンが登場

この状態だと、結局は編集前の状態に戻っただけで、編集日時のみが更新されることになります。

「閉じる」ボタンで一度メモを閉じて、再度メモを開くと「元に戻る」「やり直し」のボタンは操作できません。(=履歴が消えた)

冒頭でも触れたとおり、

メモの編集内容を元に戻したりできるのは、「メモを開いている間だけ」です。

ゴリ
ゴリ

一度閉じてしまうと、編集履歴は消えてしまうので注意しましょう。

スマホでの表示もほぼ同じ。

スマホでも画面下部に元に戻す・やり直しボタンが表示

googlekeepの記事一覧はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA