\Amazonタイムセールはここをタップ/

revercecaptcha.comとかいうウイルスの削除方法。

ちょいちょい出てくる迷惑なやつの覚書です。

ある日突然こんな通知がでるようになりました。

どうやら、「revercecaptcha」とかいうウイルスの仕業らしく、出ないようにする方法(削除?)を記録しておきます。

紹介している内容は、googlechromeでの対処法ですが、firefox、Internet Explorerでの対処法の参考動画も貼っておきます。

revercecaptcha.comウイルスに感染?

ざっくりとした症状です。

検索エンジン(googlechromeの場合)を開くたびに右下にこんな通知が出る。

冒頭のパターンの他に、こんなのとか

他にも、トロイの木馬が検出されました!とか色々出てきます。

※ちなみに放置しておくと勝手に消えます

通知をクリックすると、新規タブでこんな画面。

勝手にウイルスチェックが始まります。(見せかけですけど)

結果・・

やばいよって言われ、続行をクリックせずにはいられない画面になります。

その後はマカフィーの登録画面に移動しますが、金額を見るにマカフィーの公式サイトとは表示金額が違うのでいわゆる「フィッシングサイト(総務省のページに移動します)だと思います。(画面とってませんでした)

revercecaptcha.comが出たときの対処法

紹介する設定方法で、怪しい通知はでなくなりましたが、出始めたとき。

<画面右下にでる通知>

通知エリアのどこをクリックしても、新規タブが開いてウイルスチェックの画面が開くので・・

→放置する

<クリックした場合>

これが出たら。

画面上で操作できるのは「続行」ボタンのみです。

→タブを閉じればOK。(☓をクリック)

<続行をクリックした場合>

→タブを閉じる。

個人情報は入力しない

あとは、削除の設定をしていけば良いです。

revercecaptcha.comとやらのウイルスの削除方法

ということで、設定方法です。

  • 閲覧履歴の削除
  • 設定のリセット

をやっていきます。

右上の点がみっつならんだやつから「設定」

画面をちょっと下にスクロールして「閲覧履歴データの削除」

「詳細設定」のタブをクリック

①「パスワードとその他のログインデータ」以外にチェック

(チェック入れると、次開いた時に全部入力することになります)

「データの削除」をクリック

続いて、先程の設定画面を更に下にスクロールして「詳細設定」

更に下へ。

「設定を元の既定値に戻す」

「設定のリセット」をクリック

ここでリセットされるのは、

・起動ページ
・新しいタブページ
・使用する検索エンジン
・固定タブ
・拡張機能

など。リセットする前の画面をキャプチャしておくと良いと思いました。(リセットしてから気づきました笑)

ここまでできたら、一旦画面を閉じて再度googlechromeを開いてみてください。

通知がでなくなってると思います。

他、firefox、Internet Explorerの場合の方法は、下記動画で紹介されていますので参考にしてみてください。

参考にした動画(英語です)↓

※追記

こっちのほうが良さそうです。

  1. googlechrome「設定」
  2. プライバシーとセキュリティ
  3. サイトの設定
  4. 通知
  5. 対象ドメインを右側の点がみっつ並んだやつからブロック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です