\ガサガサ、パックリ割れかかとの修理中でーす/

ホッチキスの針なし+穴開けない圧着式のハリナックスがすごい。

今やホッチキスにも色々種類がありますよね。

  • 針で止める
  • 針を使わず穴を開けて綴る
  • 針なし+穴開けない

中でも針なしで、穴を開けないホッチキスは今までの、難点を解消してくれるスグレモノ。

とはいえ、一見万能そうに見えますが、それぞれ長所、短所があります。

ということで、この記事では、針なしで穴も開けない新しいホッチキス「ハリナックスプレス」を中心に、それぞれどんな使い分けをしたらいいか、などについて紹介していますので、ホッチキスの購入の参考になれば幸いです。

ホッチキスの針なし+穴開けないやつ。圧着式のハリナックスプレスとは。

今までホッチキスというと、針を使うもの、穴を開けて綴るもの、などがありましたが、更に進化して

針なし+穴開けなし

という新しいタイプのホッチキスが存在するようです。

ホッチキスというと、針を使うものが今までは主流でしたが、デメリットとしては、

  • 金属の針を使うため、綴じ直す場合に、穴が合わず見た目がよろしくない
  • お子さんのいる家庭では、誤飲や怪我の心配

もなどがあったんですね。

その後、針なしで綴ることができるホッチキスが登場。

やはり最大のメリットは、針を使わず安全という点。

ただ、唯一欠点とすれば、穴が開いてしまう、というところ。

これらの、デメリットを解消できるのが

針なし+穴開けなし

で紙を綴ることができる、圧着式のホッチキス

ハリナックスプレス

なわけです。

ただ、今までのホッチキスのデメリットが全て解消できるかというと、そうでもないんです。

以下、メリット、デメリットについて紹介します。

針なし+穴開けないホッチキスのメリット・デメリット

さて、これまでの欠点などを解消してくれそうな、針なしで穴も開けないで紙を綴ることができる、ハリナックスプレスですが、万能というわけではなくメリット・デメリットがあります。

メリット

やはり最大のメリットは、針を使わず、穴も開けない、という点。

これまでのホッチキスでは、止める部分に針を使ったり、穴を開けて、紙を織り込んだりするため、複数部重ねるとかさばったりしていたんですよね。

その点、圧着して綴るため、資料などを大量に作成して重ねても、かさばらなくなります。

また、圧着して綴じているので、外すときも綴じた部分をこするだけで簡単に外すことができる、というメリットもあります。

なので、利用機会を考えるといろんな場面で有効に使えそうです。

例えば

  • 折りたたんだくじを綴る時に利用すれば、針のときに比べて、剥がすときもきれいにスッキリ
  • よく、クーポンなどがホッチキス止めしている場面を見かけますが、これって外す時に破けたりすることもしばしば。その点、針も使わないし、穴も開けないためきれいに外すことができる
  • 針がないので、小さなお子さんのいるうちでも安心して利用できる

 

などなど。

ということで、針なし、穴も開けない開けない圧着式のハリナックスプレスのメリットを紹介しました。

一見すると、万能で非の打ち所がないようにも見えますが、デメリットもあります。

 

デメリット

ハリナックスは、紙を圧着して綴るもの。

細かく見ると、紙に段差をつけて綴じているんですね。

外すのも簡単、ということは、針や穴を開けて綴るホッチキスに比べて、綴る力が劣る、というデメリットがあります。

故に、綴ることができる枚数が

5枚

(メーカー参考値)

とされています。

なので、大量の書類を綴じたい、ということはできないわけです。

 

ここまで、メリットデメリットについて、触れてきましたが、要は、

  1. 針あり
  2. 針を使わず穴を開けて綴る
  3. 針なし、穴開けない

の3種類のホッチキスがあり、それぞれメリット・デメリットがあるのため、その特徴に応じて使いわけすればよい、ということになります。

枚数で使い分けるホッチキス

引用元:https://www.tanomail.com/

ということで、ホッチキスにも以下3つの種類があることがわかります。

  1. 針あり
  2. 針を使わず穴を開けて綴る
  3. 針なし、穴開けない

それぞれ、綴ることができる枚数を確認してみると(片手で使用できるタイプの話)

針ありのホッチキスの枚数

針を使用するホッチキスの綴ることができる枚数は

~多くて30枚程度

 

針を使わず穴を開けて綴るタイプ

針を使わずに穴を開けて綴るタイプでは

~10枚程度

 

針なし+穴開けない

最後に、針なしで穴も開けないホッチキス「ハリナックスプレス」は

~5枚程度

 

それぞれ、メーカーの参考値をまとめるとこんな感じになります。

もちろん、大量に綴ることができれば万能ではあるんですが、実際に綴る枚数では

引用元:コクヨ

というアンケート結果があるようです。

なので、一度自分のホッチキスの利用状況を振り返って見た上で、購入を検討してみると良いと思います。

ホッチキスの針なし+穴開けない「ハリナックスプレス」

以上、これまでの常識を覆す、針なし、穴も開けないというホッチキスの「ハリナックスプレス」。

ここまで紹介したとおり、メリットデメリット、綴る枚数に限りはあるものの、1つ持っていれば、利用場面は多くなると思います。

家庭に1台、お一人1台どうぞ。

こちらの記事もどうぞ

ホッチキスの針外しは100均に。リサイクルの場合、実は・・

ホッチキスの止め方。縦と横で変わる位置。大事なことは?

ホッチキスとホチキス。正しいのはどっち?

三角定規に穴がある理由知ってる?

色鉛筆の肌色の別名って知ってる?肌色がない理由とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です