土鍋はihで使えるかどうか。調べ方とih対応土鍋のお話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬はみんなで土鍋を囲むぜ!!!

が、冬の我が家の定番です笑

なんでしょうね。普通の鍋と違って料理も美味しく感じます。

さて、そんな冬の風物詩の土鍋ですが、ihで使えるかどうかです。

スポンサードリンク

土鍋がihでも使えるかどうかを調べる方法。

土鍋がihで使えるかどうかはいろいろ調べる方法があります。

ガスからihコンロにした途端、使えなくなる鍋があるので、ih対応の鍋かどうか調べる方法は知っておいたほうが良いです。

実際に、土鍋以外でもih対応かどうかについて調べるには

<新しく買う場合>

  • 商品を確認
  • 商品サイトで確認
  • 店員さんに聞いてみる

<自宅にある鍋の場合>

  • ihに乗せてみる
  • 磁石をくっつけてみる

などの方法があります。簡単に説明します。

 

ihで使えるかどうか<新品購入>

新品で購入する場合、店頭で購入、ネットで購入、いずれかの方法になると思います。

いずれにしても、一番わかり易いのは、

「ih対応」

の文字を探すことです。ihが普及したので、土鍋に限らず販売されている調理器具には

  • ih対応
  • ih非対応

などの記載がされていますので、確認してみることでihで使えるかどうかを判別できます。

また、店頭購入する場合で、商品だけではわからない場合は店員さんに聞くのが手っ取り早いですね。

 

ihで使えるかどうか<自宅にある鍋など>

すでに自宅にある場合。

使う前に、使えるかどうかを確認するには

鍋底に磁石をくっつけてみる

とわかります。

  • くっつく→ihで使える
  • くっつかない→ihで使えない

ということがわかります。

 

また、実際にihに乗せてみることで使えるかどうかがわかります。

土鍋など自宅にある調理器具を、ihに載せます。

  • ihのランプが点灯→ihで使える
  • ihのランプが点滅→ihでは使えない

です。

実際に土鍋をihに乗せてみるとわかりますが、ランプは点滅したままです。また、磁石もつきません。なので・・・

土鍋はihでは使えない

ということになります。

 

では、なぜihで使える鍋と使えない鍋があるのか、についてです。

これがわかると、土鍋がihで使えない理由がわかります。

ちなみに、そのままでは土鍋はihで使うことはできませんが、土鍋をihでも使えるようにする方法、また、ih対応の土鍋もありますので、その辺についても後半で紹介しています。

スポンサーリンク


土鍋はihでも使えるかどうかはihの原理を知れば納得。

土鍋がihでは使えない、ということでした。

 

ihクッキングヒーターは、プレートの中にコイルが入っています。

そのコイルに電流を流すことによって磁界を発生させ、その磁界によって鍋に渦電流を発生。そして、発生した渦電流によって鍋の電気抵抗が熱を放出するという仕組みです。

なんだか難しい内容ですが、要はihで使える鍋は電気を通す素材でなければならない、ということです。

そのため、鍋の底面に磁石をくっつくかどうかで、使える、使えないの確認ができてしまうという理屈。

なので、土鍋は磁石がつかない=ihでは使えない、わけです。

 

市販されているih対応のフライパンなどを見てもらえばわかりやすいと思いますが、底面に金属が貼り付けられています。

この部分と、ihヒーターのトッププレート部分が接触して電気で熱を発生させているんです。また、鍋本体が通電するような素材の場合は、底面の施工がないものもあります。(ステンレス両手鍋とかです)

 

とはいえ、テレビなどでihで土鍋が使われている場面を見たことがあるかもしれません。

ihでも使える土鍋があります。さらに、今までの土鍋でも、ihで使えるようにしてくれるものもあります。

スポンサーリンク


ihで使える土鍋も。普通の土鍋がihで使えるようにするには?

ihが普及し始めた当初から、ihでも使える土鍋があった、かどうかは不明ですが、今はih対応の土鍋もいろんな種類があります。

大きく分けると3種類。

  • 土鍋本体が通電するように施工されたもの
  • 普通の土鍋に金属プレートを入れて使用するもの
  • 土鍋「風」の鍋

以下、いくつか例を挙げます。

 

底面に発熱体がある土鍋

これは、土鍋の底面に、磁気を通す発熱体が施されている土鍋。

そのままihに載せてしようすることができます。

また、鍋の外側を通電するようにコーティングされた土鍋もあります。

金属プレートを入れるタイプ

プレート単体での販売もされていますし、ih、ガス兼用土鍋で、このプレートが付属された土鍋もあります。

鍋に入れて使用します。

詳しい使い方、メリットデメリットについてはこちらの記事で紹介しています。

 

土鍋「風」のih対応土鍋

これはもはや「土鍋」ではないのですが、土鍋の雰囲気が味わうことができる鍋。

ただ、ステンレス構造なので、調理時間は土鍋に比べて短くて済みます。

反面、保温力は土鍋にはかなわないですが。。

ということで、通常は使えないはずの土鍋がihでも使えるケースがいくつか存在します。

 

まとめ

以上、土鍋がihで使えるかどうかについて

  • ih対応かどうかを調べる方法
  • ihで使えない理由
  • 土鍋をih対応にする方法、ih対応土鍋

について紹介しました。

ihになって調べるまでもなく、土鍋を諦めていた方でも、ihで使うことができます。

まあ、最悪土鍋を使う時だけカセットコンロを使うという方法もありますが笑

参考になれば幸いです。

ではでは。

こちらの記事もどうぞ。

土鍋がihでも使えるプレートの使い方。デメリットもある・・

IHにカバーは必要?キッチンにある「アレ」で代用もできるゾ。

オール電化で停電したら暖房はどうする?

停電のときに必要なもの。最低3つ。できれば5つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*