あなたの役にたつかもしれない雑記的なブログです。

パソコンでキーボードの入力が数字になるのはなぜだ?

パソコンを使っていて、突如としてキーボード入力が数字になる経験ありませんか?

ノートパソコンに限らず、デスクトップでも同じ症状がおきます。

というか、一つの機能なんですね。

キーボード操作をしていて、

  • 入力が数字になる時の対処法
  • キーボードの数字入力の活用法

について簡単に紹介します。

パソコンでキーボードの入力が数字になるのはなぜだ?

キーボード上で普段文字入力ができているのに、突然

  • Uを押すと4
  • Jを押すと1
  • Kを押すと2

など、いつもと違う入力になる経験ありますよね。

これは、キーボードにスペースが無いなどの理由で、テンキー(数字と四則演算記号などからなる電卓のような部分)をつけられない場合などに設けられている機能です。

この機能を付加することで、いつもは文字入力をするキーボードがテンキーとして使用できるようになります。

その、オン⇔オフ機能の役割をしているのが

NumLockキー

です。

ちなみに、「Num」は「Number」の略で、「Lock」はロック(鍵)

つまり、NumLockキーは「数字をロック・解除するキー」ということになります。

 

このNumLockキーを使用することで、1つのキーに2つの機能をもたせることができているんですね。




キーボードが数字になる時の切り替え方法

すでに答えが出ている感がありますが、結論から言うと、

NumLockキーを押す

ことで、切り替えができます。

一番上のキーボードの右から4番目のやつです。

自分のパソコンの場合、画像の通り

Num LK

と表示されています。

配置などは、メーカーによって違うので自分のパソコンのキーボードで確認してみてください。

また、このNumLockキーがオンになると、キーボード上にある鍵マークが点灯します。

 

パソコンのキーボードが数字入力になる場合の活用法

ところで、普通にキーボード上で文字入力をしている時に、間違ってNumLockキーを押してしまうと、いつもの入力ができず煩わしいくなります。

ですが、このテンキーはそもそも使うことを想定しての機能なので、せっかくならNumLockキーをうまく利用しても良いと思います。

桁の多い数字の入力や、数式、電話番号・・数字を入力する時には、慣れると結構重宝します。

自分のパソコンの場合、見づらいですが、こんな感じでキーボードに表示されています。

  • J→1
  • K→2
  • L→3
  • U→4
  • I→5
  • O→6
  • 7→7
  • 8→8
  • 9→9

こんな具合に数字が配列されています。

また、よくよく見ると、数字の他にも、演算子などが確認できます。

  • ー→ー(引き算)
  • ;→+(足し算)
  • :→*(掛け算)
  • ・→/(割り算)
  • @→Enter
  • 。→.(カンマ)

というふうに、四則計算と決定キーとカンマも配置されているので、計算するときなんかはこの機能を使った方が早いです。




まとめ

以上、

  • 入力が数字になる時の対処法
  • キーボードの数字入力の活用法

について簡単に紹介しました。

間違って操作した時は、煩わしいという面がありますが、いざその機能を覚えてしまうと活用できる場面は多いと思います。

この機会に新しい機能を覚えてしまいましょう。

ではでは。

こんな機能も覚えておくと便利です。

こちらの記事もどうぞ

パソコンのフォルダの画像が表示されない時の設定方法。

パソコン スクリーンショットのやり方。できない場合は・・

パソコンの画面の拡大と戻す方法。拡大鏡アプリもおすすめ

体育館にあるはしごのような登るやつってなんだろうね。

電話の「#」はシャープじゃない。米印は「*」じゃない話。

2019年4月。 こんなしょぼいブログでも、おかげさまで月間10万PVに到達ありがとうございますっ!!! 毎月5万程度の稼ぎになってくれています。 まったくの「ど」素人状態からここまでこれた理由など、詳しくはプロフィールで紹介していますのでよろしければ御覧ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ブログを書いている人

第一印象は怖いとよく言われますが、中身はお花畑のゴリといいます笑

子育て、家事、現在の住まいの北海道道南のことなどいろいろ書いている雑多なブログです。

見た目寂しいブログですが、2019年4月現在、10万pvほどです。

詳しい運営者情報はこちらから↓