あなたの役にたつかもしれない雑記的なブログです。

函館山の裏夜景と行き方。個人的おすすめスポット3選。

函館山からの夜景を見るとため息が出ますよね。

自分も初めていった時は、言葉がなかったです。せいぜい「わー」くらいなもんで^^;

で、函館山の山頂からの夜景もきれいなんですが、別の角度から見る函館山の裏夜景というのも注目されているんですね。

ということで、

個人的におすすめな函館山の裏夜景スポットとを3つ

行き方などについて紹介しています。

函館山の裏夜景とは?

函館山の夜景をスマホで撮りました。

初のパノラマ写真です笑

裏夜景といっても、何かに正式登録されているわけではないのですが、実際に行ってみるとこれまた絶景なので、函館ならでは、といった景色だったり夜景を見ることができます。

函館山山頂から見る夜景を“表”の夜景とするなら、逆に函館山を見ることができる夜景を“裏夜景”と言ったりします。

夜景といえば、その多くは高台からの景色なので、函館の場合冬季閉鎖されている場所も多いです。

自分も家族で車で行こうとしたら、道路が冬季閉鎖中で断念したことがあったりします^^;車内はブーイングの嵐でした汗

 

ということで、函館山の裏夜景を見る場合、その場所まではほとんどが車で行くことになります。

なので、車での移動が可能で、冬季閉鎖中でなければ以下に紹介する裏夜景スポットに行ってみてください。

かんどーします。

また、車で移動できない方でも函館市内から函館山を眺める裏夜景スポットもありますので参考にしてみてください。

ということで、実際に行った場所の中で裏夜景を見るのにおすすめな場所です。

函館山の裏夜景の個人的3選。城岱牧場展望台の場所と行き方。

実際に行ってみて一番良かったのはここです。

函館山・函館市内の裏夜景スポットとしてもおすすめですが、日中行っても景色が良いです。

「しろたい」

とよみます。

函館のお隣の七飯町。

裏夜景の評判を知ってか知らずか定かではありませんが、元々何もなかったそうですが、展望台ができたのが最近らしいです。

中は、休憩所みたいな感じです。

  • 自動販売機
  • トイレ
  • パンフレット
  • 椅子とテーブル
  • 無人

昼間行っても、視界を遮るものがなく景色がいい場所です。

函館市街地からは車で約30分

展望台の開館は17時まで(7~8月の土曜日のみ21時まで)。

場所と行き方は以下の地図を参考にしてください。

ちなみに、夏の時期はロードバイクで登る方も多いので通行には十分注意してください。




函館山の裏夜景の個人的3選。きじひき高原の場所と行き方。

続いての裏夜景は、函館のお隣の北斗市にある

きじひき高原。

新幹線の新函館北斗駅から車で20分くらい。

主要道からしばらく走りますが、曲がりくねった道路から眺める景色も文句なし。

もちろん、パノラマ展望台からの景色は絶景です。

函館山からは少し遠ざかるものの、周辺の平野や函館湾、反対側には駒ケ岳や大沼などが一望できます。

城岱牧場とはまた違った裏夜景をみることができます。

城岱牧場は、一気に駆け上がっていく感じですが、きじひき高原は緩やかな傾斜でのんびり登っていくイメージです。

そのため、少しづつ景色が変わっていくのも見どころの一つと言えます。
4月末~10月末の8時半~20時に開館しています。キャンプ場も利用可能。冬期は通行できません。




函館山の裏夜景の個人的3選。四季の森公園の場所と行き方。

3箇所目は『北海道立道南四季の杜公園』。

函館市内です。

ここに行くまでは、それほど高い場所に登っている感覚はないんですが、振り向くと道路のほぼ真正面に函館山を見ることができます。

城岱牧場やきじひき高原のように、高台から一望するような夜景ではないものの函館山をはっきりと望むことができる裏夜景スポットです。

市街地からの距離もそれほど遠くないので、気軽に行くことができる場所です。

ちなみに、四季の杜公園はたくさんの遊具などがあり、休日は家族連れなどでごった返します。

でも、敷地がハンパないのでゴミゴミした感じにはなりません。

 

近場で函館山の裏夜景を見るなら五稜郭タワー

当然といえば当然なのですが、函館市内の五稜郭のタワーに登れば、高い場所から函館山の裏夜景になります。

  • 営業時間 8~19時(4月21日~10月20日)、9~18時(10月21日~4月20日)
  • 展望料金 大人840円、中高生630円、小学生420円

営業時間に注意しましょう。

>>地図はこちら

・・・しかし自分の撮った写真を掲載していますが、晴れの写真ないですね。。




函館山の裏夜景・個人的おすすめのまとめ

以上、個人的におすすめな函館山の裏夜景スポット

城岱牧場

きじひき高原

四季の森公園

について簡単に紹介しました。

先に紹介したとおり、何かに登録されているわけではありませんので、車で移動していると思わぬ場所で裏夜景に出会えるかもしれませんね。

参考になると幸せです。

ありがとうございました。

よろしければこちらの記事もどうぞ

函館が日本三大夜景から外れていた?沢山ある三大夜景の話。

函館にもあった!観光の穴場スポット「青の洞窟」もおすすめ。

函館の観光なら子供の国もおすすめ。”日本最古”の観覧車。

五勝手屋羊かんの食べ方知ってる?函館近郊の名産品がこれ。

2019年4月。 こんなしょぼいブログでも、おかげさまで月間10万PVに到達ありがとうございますっ!!! 毎月5万程度の稼ぎになってくれています。 まったくの「ど」素人状態からここまでこれた理由など、詳しくはプロフィールで紹介していますのでよろしければ御覧ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ブログを書いている人

第一印象は怖いとよく言われますが、中身はお花畑のゴリといいます笑

子育て、家事、現在の住まいの北海道道南のことなどいろいろ書いている雑多なブログです。

見た目寂しいブログですが、2019年4月現在、10万pvほどです。

詳しい運営者情報はこちらから↓