片栗粉のとろみがつかない理由を検証してみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兼業主夫です。

ほぼ毎日夕飯を作ります。はい。それぞれ家庭の事情があるのでそれ以上は想像におまかせしますがwwちなみに嫁さんはいます。子供は3人です。

今日は肉団子。

で、黒酢あんかけにしようかと、片栗粉でとろみをつけようとしたんですが、なぜかつかない!

ということで、試行錯誤の末、片栗粉のとろみがつかない理由を見つけたので、その一部始終を書き留めておきます。家事に奮闘するお父さんの励みにもなるかもしれません。(たぶん^^;)

スポンサードリンク

片栗粉のとろみがつかない!なぜだ・・・

今日の夕飯のイメージです。黒酢なので、もう少し、餡は黒っぽいですがそれはさておき。

家庭の事情で、ここ数ヶ月毎日のように肉体労働から帰宅後、すぐに夕飯作りをする兼業主夫と化しています。

子どもたちは、文句も言わず食べてくれるのでありがたい限りです。

 

小学生の娘が手伝ってくれるというので、二人で肉団子と黒酢のあんかけ。流石に小学生の娘でも、「あんかけ」というと、頭の中で、写真のようなとろみの付いた肉団子を想像していたようでした。

肉団子を子どもたちと作り、黒酢を使って、片栗粉でとろみをつけるだけでしょ?簡単簡単♪

なんせ初めてだったので。

ということで、黒酢餡を作ろうと使用したものは以下の通り。

  • 黒酢
  • 醤油
  • ソース
  • 砂糖
  • 片栗粉

スマホで検索して、見つけたレシピを参考にしましたが、一部自宅に無い調味料もあったので、それらしいもので代用。

これらをまとめて鍋に入れて、熱したらいよいよ片栗粉でとろみをつける作業。

娘がやりたい!というので、火を止めて、水溶き片栗粉を回し入れるように投入。

そして、父は得意げに

「かき混ぜてると、とろみがついてくるからな~」

偉そうに言ったまでは良かったんですが。待てど暮せどとろみがつかない。。一応また熱していけば、とろみがついてくるかなーとやってみるも、一向に片栗粉のとろみが付く気配がないんです!

正直、ソースとケチャップでとかで、テキトーに・・・とも思ったんですが、頭の中がもやっとしたまま終わるのが嫌だったので、原因究明と称して、調味料の無駄を覚悟で再トライ。

というので、前置きがなが~くなりすぎましたが、今回片栗粉のとろみがつかない理由を発見したので覚書しておきます。

スポンサーリンク


片栗粉のとろみがつかない理由を検証してみた。

片栗粉のとろみがつかないので、頭はwhyでいっぱい。

ということで、いざ検証。

とはいえ、ネットで調べればすぐわかるんじゃね?

そりゃそうです。ご多分に漏れず、速攻スマホで検索しました。

片栗粉のとろみがつかない理由を掲載しているサイトもいろいろ有りまして、結論から言うとそのケースも様々あるようです。ざっくりまとめると・・

  • 片栗粉の溶き方、分量、熱
  • 唾液
  • とろみの邪魔をする食品がある

など。

なんとなくわかっていることもあったんですが、1個づつ原因を潰していきました。

 

片栗粉のとろみがつかない理由の検証①溶き方・熱など

はじめにとろみがつかない理由として疑ったのは、水溶き片栗粉の扱い。ネットなどの情報をまとめると・・

  • 水溶き片栗粉(片栗粉1:水2)

  • 流し込む時に火を止める

  • 再度、とろみが付くまで加熱

基本的なことです。でも、今まで料理していて目分量で扱ってきた水溶き片栗粉で、とろみがつかなかったことは一度もなかったんですよねー。分量はともかく、火を止めたり、再加熱するとかはやった「つもり」でいたので。

とはいえ、結構シビアなことを書いていらっしゃる方もいるので、一応、再確認も含めて、調べた情報の通り、やり直し。

 

結果 ⇒ とろみがつかない!

・・・

スポンサーリンク


片栗粉のとろみがつかない理由の検証②唾液

サクサク次の検証。

何やら、唾液が片栗粉のトロミ成分を分解する働きがあるらしい。難しい単語は覚えるつもりはないので、それさておき、片栗粉でとろみをつけようとした時のことを振り返ってみたら・・・

娘「味見してみたら?」

父「んだなー」

・・・

父「スッパい!!なめてみる?」

娘「うん。・・スッパい!!」

・・・

味見はスプーン。そのままフライパンへ戻すこと3回位。あんかけ焼きそばが、後半とろみがなくなることと同じことらしい。これか・・

でも、それだけで??

とはいえ、とろみがつかない以上はやって見るしか無いので、無駄を承知で、一度混ぜた調味料をポイ。

一度洗剤をつけて洗い直し、再度同じ分量で、水溶き片栗粉も同じ方法。

結果 ⇒ とろみがつかない!

 

片栗粉のとろみがつかない理由の検証③とろみがつかない食品

ということで、これでだめなら、片栗粉でとろみすらつけられないダメな父、と言われるのも半分覚悟しつつ見つけた情報。

唾液と同じですが、片栗粉のとろみをつける成分を分解してしまう食品があるらしく。

それが

はちみつ

らしい。ところが、はちみつなんて一切使ってないし。再掲ですが、今回つかった調味料は以下の通り。

  • 黒酢
  • 醤油
  • ソース
  • 砂糖
  • 片栗粉

・・・

・・・

ソース?

で、見てみましたよ。原材料名。

蜂蜜

って書いてました。とはいえ、それもどんな分量で入っているのか定かでは無いので、これでだめなら仕方ないとほぼあきらめモード。娘には「肉団子そのままでもいいよ」と励まされるし^^;

そして、いざ実践。調味料を2回すててしまったので、これ以上は・・。

 

結果 ⇒ とろみがつーーーいた!!!

 

付きましたよ。はい。イメージどおりのとろみが。

 

片栗粉のとろみがつかない理由はこれだった。

 

ということで、駄文が続きましたが、今回片栗粉のとろみがつかない理由は

 

使用した調味料(ソース)の中に、片栗粉のとろみ成分を分解する「蜂蜜」が含まれていたため

 

ということが判明しました。わーい。

厳密に言えば、蜂蜜に含まれる成分が・・・ということになるんでしょうけど。

とはいえ、その他のとろみがつかない理由についても、原因になりうることがわかりました。

料理では常識なんですかね?

うーむ。奥が深い・・

以上、兼業主夫の独り言でした。飽きずに最後までお読み頂いた方、ありがとうございましたm(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*