コンフィデンスマンjp。7話キャスト<ゲスト>がちょー豪華。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンフィデンスマンjp長澤まさみさんの七変化や、衣装も見どころですが、ストーリー自体もなかなかよいです。

そして、コンフィデンスマンjpに毎週登場するゲストのキャストのみなさんが豪華すぎるという。。7話のゲストのキャストも然りです。ちょい役で出演すぎるには贅沢な方も出演していますが、今回もサプライズがあるようです。

7話に登場するゲストのキャストの皆さんです。

スポンサードリンク

コンフィデンスマンjp。7話のキャスト<ゲスト>与論要造 役

竜雷太

  • 生年月日 1940年1月21日(78歳)
  • 出生地 大阪府
  • 身長 180 cm
  • 血液型 AB型
  • 職業 俳優
  • ジャンル 映画、テレビドラマ
  • 活動期間 1966年

言わずとしれた大御所俳優さんです。最近の出演は、99.9やクライシスなどが記憶にあたらしいところですが、「月9」に関しては、2017年4月期放送の「貴族探偵」以来となるようです。

 

コンフィデンスマンjp。7話のキャスト<ゲスト>祐弥 役

岡田義徳

  • 生年月日 1977年3月19日(41歳)
  • 出身地 岐阜県
  • 身長 172 cm
  • 血液型 AB型
  • 職業 俳優
  • ジャンル テレビドラマ、映画、舞台、バラエティ番組
  • 活動期間 1993年

主演こそ数少ないものの、毎年ドラマでは見かけないことのほうが少ない方です。個人的には、木更津キャッツアイでのうっちー役の印象が一番強いですが^^;

ちなみに、2018年の元旦に女優の田畑智子さんとご結婚されています。

 

コンフィデンスマンjp。7話のキャスト<ゲスト>弥栄 役

桜井ユキ

  • 生年月日 1987年2月10日(31歳)
  • 出生地 福岡県
  • 身長 163 cm
  • 職業 女優
  • ジャンル 映画、テレビドラマ、舞台、CM
  • 活動期間 2011年

桜井ユキさんといえば、2018年春ドラマの「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」にも、江田愛梨 役としてレギュラー出演されています。

昨年、THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ-(2017年)で主演・オリアアキ 役。高橋一生さんとの共演が話題になりました。

スポンサーリンク


コンフィデンスマンjp。7話のキャスト<ゲスト>須間聡子 役

阿南敦子

  • 生年月日 1970年12月16日(47歳)
  • 出生地 東京都
  • 身長 156cm
  • 職業 女優
  • ジャンル 舞台・テレビドラマ

 

コンフィデンスマンjp。7話のキャスト<ゲスト>島理花 役

佐津川愛美

  • 生年月日 1988年8月20日(29歳)
  • 出身地 静岡県
  • 身長 152 cm
  • 血液型 O型
  • 職業 女優
  • ジャンル 映画・テレビドラマ
  • 事務所 ホリプロ

人気女優さんです。

<ドラマ>

  • オーファン・ブラック(2018年)- 荒井愛子 役
  • イノセント・デイズ 第1話(2018年) – 野田ヒカル 役
  • ラブリラン(2018年)宇野友美 役

<映画>

  • 星めぐりの町(2018年1月27日) – 土門まき 役
  • 生きる街(2018年3月3日) – 野田香苗 役
  • ゼニガタ(2018年5月26日公開予定) – 早乙女珠 役

などなど。引っ張りだこです。

 

コンフィデンスマンjp。7話<サプライズゲスト>

山田孝之さんがカメオ出演をされて、よくもわるくも

「仕事を選んだほうが・・・」

と話題になりましたが、今回は

  • 中尾明慶
  • 前田敦子

さんのお二人がサプライズゲストで登場するようです。見逃せないです。

スポンサーリンク


コンフィデンスマンjp。7話のあらすじ

さて、豪華ゲストが多数出演するコンフィデンスマンjpの第7話。あらすじは以下の通りです。

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)の知り合いだった矢島理花(佐津川愛美)という女性の話を聞く。1年前、バーでリチャードの財布をすろうとして失敗した理花は、天涯孤独の身で、夜の仕事を転々としているうちにスリまでするようになったらしい。時々理花と会うようになったリチャードはまともな生き方をするよう何度も説得していた。だが、彼女は耳を貸さず、結局しくじって刑務所に服役することになったという。

出所するまで理花の家財道具を預かることにしたリチャードは、それをダー子の部屋へと運んだ。そこでダー子が見つけたのは、理花の母親の遺品から出てきた手紙だった。送り主の与論要造(竜雷太)は、10億円の資産を子どもの誰かに譲ると手紙に記していた。五十嵐(小手伸也)の調査によれば、要造は鎌倉に住む資産家で現在闘病中。だがその正体は、違法すれすれの株式操作で荒稼ぎしていた経済ヤクザだった。理花は、要造が愛人に産ませた子どもだったため、母親や兄姉からひどい苛めを受けていたらしい。そんな生活に耐えられなくなった理花は10歳のときに要造のもとを離れて実母のところに戻ったものの、愛人稼業の母親とも折り合いが悪くなり17歳で家を飛び出してしまっていた。

刑務所を訪れて理花と面会したダー子は、彼女が要造の家を出て以来18年もの間、一度も連絡も取っていなかったことを知ると、理花に成りすまして要造のもとを訪ねる。理花の兄姉――祐弥(岡田義徳)と弥栄(桜井ユキ)は、突然現れたダー子に疑いの目を向けていた。

そんななか、ボクちゃんは、ダー子が要造に話した作り話のせいで、理花を振った造り酒屋の息子役を演じる羽目になり……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*