ブラックペアンのお米の話。仁多米、女神のほほえみ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二宮和也さん演じる渡海先生のどS発言が毎週話題のブラックペアン。しかも、アドリブ有り。。。

そんな、渡海先生も仮眠室でちゃんとお米を炊いて、ご飯を食べているところを見ると、人だったんだwwと思ってしまいます。

さて、ブラックペアンに登場したお米についての情報を整理しておきます。

スポンサードリンク

ブラックペアンに登場したお米。1話「仁多米」

さて、ブラックペアンでは、多彩なゲストや、ミシュランガイドに掲載しているお店が登場したり、そしてお米も毎週届きます。

大量にww

はじめに登場したのは、

仁多米(にたまい)とは、島根県仁多郡奥出雲町で収穫されるイネの品種コシヒカリの産地ブランド。

「東の魚沼コシヒカリ、西の仁多米」と言われているようです。

 

 

スポンサーリンク


ブラックペアンに登場したお米。2話「女神のほほえみ」

通常とは明らかに異なる「銀色に輝く芒(ノギ)」のある6本の稲穂を偶然に発見。秋にはその芒が銀色から金色に変わった。「これは通常の稲穂と違う特別変異の米だ」と一目で見抜いた河合さんは、これを仕分けて種もみを採り栽培し、3年の月日をかけてこの米を育て上げた。

銀色から金色に変わる神秘的な容姿はもちろんのこと、粒形も大粒で、ほどよい甘みと食感があり、冷めても美味しいお米、この「奇跡のお米」のネーミング募集したのが平成26年の秋、数多い応募の中から「女神のほほえみ」に決定。

 

 

また、萌え系キャラ「穂ノ国八恵」(ほのくにやえ)が「女神のほほえみ」のイメージキャラクターのようです。

スポンサーリンク


 

ブラックペアンに登場したお米。3話「さいたま米」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*