家政夫のミタゾノ<5話>ゲストは誰だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家政婦のミタゾノの第5話。

4話では、ミタゾノさんの大嫌いネタで、いつもとは一味違う表情を見ることができましたねww

詳しくはこちらの記事で。

第5話では、同じく家政婦として働く女性の話。何やら人が入れ替わったり、記憶を失ってしまったりと、またまた話が右往左往しそうです。

家政婦のミタゾノの第5話のゲスト出演者です。

スポンサードリンク

家政夫のミタゾノ<5話>。ゲスト~佐藤仁美

  • 木口 一美 役
  • 有名デザイナー・森品千恵子の家で働く家政婦。
  • 生年月日 1979年10月10日(38歳)
  • 出生地 愛知県春日井市
  • 身長 156 cm
  • 血液型 A型
  • 職業 女優
  • ジャンル テレビドラマ・映画・舞台
  • 活動期間 1995年

佐藤仁美さんと言えば、ふくよか・・・になったことで、話題になりましたが、今回は「ライザップ」を経て初登場となるようです。ちなみに、これまでの主な出演作はというと・・・

  • マネーの天使~あなたのお金、取り戻します!~(2016年) – 高村法子 役
  • 黒い十人の女(2016年、読売テレビ製作) – 弥上美羽 役
  • オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~(2018年1月 – 3月) – 木暮美樹 役
  • 痛快TV スカッとジャパン(2014年10月 – 、フジテレビ)

スポンサーリンク


家政夫のミタゾノ<5話>。ゲスト~宍戸美和公

  • 森品 千恵子 役
  • ヒット作も数多く世に出している有名デザイナー。
  • 生年月日 1965年6月13日
  • 出身 北海道
  • 職業 女優
  • 身長 165cm
  • 血液型 O型
  • 劇団大人計画所属

名前を聞いてピンとこない方でも、ご覧になれば、あ!と気づく方も多いかもしれません。現在放送中の「スカッとジャパン」に毎週のように出演している方です。

  • もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~(2018年) ‐ 杉原潮音
  • 逃げるは恥だが役に立つ 第6話(2016年11月15日) – 仲居さん
  • 女囚セブン(2017年) – 百目鬼幸子
  • 誤差 (松本清張)(2017年) – 磯川ふみ江(仲居頭)
  • 痛快TV スカッとジャパン(2015年 – )フジテレビ – ケチケチ母ちゃんシリーズ(再現ドラマ)

などに出演されている女優さんです。

スポンサーリンク


家政夫のミタゾノ<5話>あらすじ

家政夫のミタゾノの第5話のあらすじです。

有名デザイナー・森品千恵子(宍戸美和公)の家に派遣された三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)。しかし三田園たちを出迎えた女性はどこか落ち着かない様子で、「実は用事があったのを忘れていた」と話し、ふたりに帰るよう命じる。
と、そこに広告代理店の岡見という男性が現れ、女性を「森品先生」と呼ぶ。依頼していた広告デザインの締め切りがとうに過ぎており、その催促にやってきたのだ。「デザインをもらうまでは帰れない」――そう告げて家に上がり込む岡見。結局三田園と麻琴は、デザインが上がるまでの間、掃除、洗濯、食事の世話などをすることになる。

しかしこの女性、実は“森品千恵子”ではなく、千恵子の家で家政婦として働く“木口一美(佐藤仁美)”という人物だった。デザイナーの卵である一美は、自分の作品を盗んで発表した千恵子と言い合いになり、揉み合ううちに千恵子が棚の角に頭をぶつけ、昏倒。“森品千恵子”がこれまで、世間に顔出しをしてきていなかったことを思い出した一美は、倒れた千恵子を咄嗟に風呂場に隠し、彼女に成り代わることを思いついていたのだ。

そんな中、意識を失っていた千恵子が目を覚ます! ところが千恵子は自分が誰だか忘れてしまっていた…。三田園から、千恵子の正体を聞かれた一美は「前に雇っていた家政婦だ」と嘘を。一美は“デザイナー・森品千恵子”として、千恵子は”家政婦・木口一美”として、なんとか三田園たちの目を誤魔化そうとするが、三田園は挙動不審な一美に疑念を抱き…?

関連記事

家政夫のミタゾノ2018。4話のネタバレ。結末に衝撃・・

家政夫のミタゾノ「痛み入ります」の意味と使い方。

家政夫のミタゾノ。4話のゆかり役(セーラー服の娘)って誰?

家政夫のミタゾノと家政婦のミタと家政婦は見た!の関係。

ブラックペアンの二宮のアドリブ演技に震えた。。。<1話>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*