ブラックペアンのメガネの話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年春ドラマのブラックペアンでは毎週手術シーンがあります。

巷では「ブシャー!!」のシーンが話題になっていたりしますが^^;

さて、その手術シーンで目にするのが、手術室の医者、スタッフのみなさんがかけているメガネ。一昔前は見かけないような気がしますが最近は、手術室はもちろん救急現場なんかでも使用することが多いんですね。

ということで、医療現場のメガネにはどんなものがあるか、また、メガネをかける理由などについてざっくり紹介していきます。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


ブラックペアンのメガネが気になる?

ブラックペアンの二宮和也さん演じる渡海先生の目力というか、目の演技が圧巻の一言ですね。。目だけであんなに威圧感の出せる役者さんもそういないような気がします。しかも、ジャニーズで。。。ついでに、二宮和也さんのアドリブもあるというから驚きです。

それはそうと、ブラックペアンで渡海先生はもちろん、世良先生(演:竹内涼真)や高階先生(演:小泉孝太郎)、それから看護師の猫田さん(演:趣里)ほか、手術室のスタッフのほぼ全員がメガネをかけていますよね。

その理由は、番組をご覧になった方ならわかると思いますが、

感染防止

のためなんですね。ざっくりまとめると、何かしら疾患を持っている方の血液などの体液が体につくと、「感染」してしまう恐れがあるのでそれを「防止」するためのものです。

まあ、いくら手術といえど、毎度ブラックペアンの手術シーンのように血が飛び散るようなことは無いとは思いますが^^;

ほかにも、救急隊員の人達が活動中に同じようにメガネをかけているのも同じ理由です。かっこいいから、という理由ではないわけですね。当然ですね^^;一昔前は、救急服に帽子でそのまま現場に行っていたんですが変わってきました。

ついでにいうと、救急隊の人達が来ている青い服、あれも感染防止の為です。手術室のスタッフのみなさんが着ているものと同じです。見た目は違いますけど。

話はそれましたが、ブラックペアンのシーンに限らず実際の現場でもメガネが利用されています。

ブラックペアンのメガネ。

 

ということで、ブラックペアンのスタッフのみなさんがかけているメガネ。業界では「ゴーグル」などといいます。

で、前述のとおり、目を保護することができれば何でもいいかというと、そうでもなかったりします。

  • 視界が広い
  • 曇らない
  • 隙間が少ない
  • 長時間つけていても疲れない
  • 軽い
  • (おまけ)かっこいい

おまけはともかく、ある程度必要条件があったりします。マスクをしていると、結構曇りますしね。

スポンサーリンク


ブラックペアンのメガネって売ってる?

ということで、ある程度必要条件もある、保護メガネ(ゴーグル)ですが、市販されているものもあるので購入はできます。

用途が限定されているわけではないので、多数のメーカーから販売されています。

以前はこんなのしかなかったような・・・

 

これはこれで、メガネの上からかけることができるので、需要はあると思います。が、今はブラックペアンでよく見かけるようなものが主流となっているようです。

 

【3M/スリーエム】保護めがね BX ルーペ(+2.0D)付レンズ (クリア) 【眼鏡/ゴーグル/防じん/作業/医療/粉塵】


UNIVET 女性用保護めがね 506 クリアーレンズ【防じん対策用めがね/安全保護用めがね/医療用めがね /花粉症対策めがね/UVカットレンズ】
3M・セキュアフィット保護めがね SF201AF (クリアレンズ)【防じんめがね・保護めがね・・作業用めがね・医療用めがね ・防災用めがね・花粉症対策めがね・UVカットレンズ】

 

bolle ボレー保護めがね ラッシュ(レンズ)クリア (定形外郵便対応品)【防じん対策用めがね/安全保護用めがね/医療用めがね /花粉症対策めがね/UVカットレンズ】

 

ということで、医療用のほか、花粉症、防塵など用途はいろいろです。もし購入するとなれば、あとは「見た目」になりますかね^^;

ちなみに、バイクに乗る時のゴーグルにも使えます。

 

そんなこんなで、ブラックペアンで見かけるメガネの必要性と、購入情報などざっくりですが紹介しました~。

ではでは。

関連記事

ブラックペアン。渡海の読み方と実在するか否か。猫田は?

ブラックペアンの二宮のアドリブ演技に震えた。。。<1話>

家政夫のミタゾノと家政婦のミタと家政婦は見た!の関係。

ブラックペアンの猫田麻里役。誰かと思ったら水谷豊の娘だった。

家政夫のミタゾノ「痛み入ります」の意味と使い方。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*